ホルモンの乱れと葉酸の関係

女性の身体はとても繊細です。それにはホルモンバランスが深く関わっています。特に女性は月経があることによってホルモンバランスの安定が難しい傾向にあります。
ホルモンが乱れるとイライラしたり、身体がだるくなったりと精神的にも身体的にも元気な状態とは言い難くなります。また、生理不順が起こったり、生理痛が増したりします。生理不順や生理痛は妊娠を望んだ際にもあまり良い状態とは言えず、子宮内膜症や不妊症の原因になることもあります。
また、重度の更年期障害を招き、イライラや吐き気、場合によっては鬱病など深刻な病気を招く可能性があります。さらにホルモンバランスの乱れは美容の大敵です。肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルはホルモンバランスが崩れることで招きます。

ホルモンが乱れるのは様々な要因があります。そして繊細な女性の身体は些細な理由でバランスを崩しがちです。例えばアルコールやカフェインの摂取によって女性ホルモンのバランスが悪くなることもありますし、油物の摂取や運動不足で乱れることもあります。
そして最も注意が必要なのがストレスです。人間関係や仕事上の悩みなどの心理的なストレスは元より、昼夜逆転や睡眠不足、多忙などの身体的なストレスもホルモンに影響を与えます。例えば、上手に趣味などに没頭してストレスを発散するだけでもホルモンバランスが安定することだってあります。

代表的な女性ホルモンに「エストロゲン」と「プロゲストロン」の二つがあります。この二者がそれぞれ乱れることで上記のような症状を引き起こすのです。最近、注目の美容成分といえばプラセンタですが、プラセンタには女性ホルモンを調節する働きがあります。エストロゲンの分泌量を調節し、生理の乱れを改善する効果があることが分かっています。
女性ホルモンといえば有名なのは、大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンはエストロゲンに非常に似た構造をしています。エストロゲンは加齢により分泌が低下します。その結果、更年期障害などの弊害が出ます。大豆イソフラボンはエストロゲンの不足を補い、女性ホルモンによるトラブルの回避に役立ちます。しかし 過剰摂取には注意が必要です。特に妊娠中や生理中はエストロゲンの分泌量が多くなっています。そのため、特に分泌過多にならないよう専門家への専門など気をつける必要があるでしょう。
最後に葉酸です。葉酸は卵胞の発育を良くすることで知られています。卵胞とは卵子が入っている袋のことです。卵胞の発育が良くなることで、卵胞ホルモン=エストロゲンが分泌され排卵が起きます。
つまり葉酸には間接的ではありますが、エストロゲンの分泌を促進するような効果があります。

INFORMATION

2016/04/06
妊娠中だけじゃない!出産後も葉酸が必要な理由 ページ更新しました。
2016/03/30
葉酸が先天性異常を抑えるしくみ ページ更新しました。
2016/03/26
健康な卵子を育てる葉酸パワーとは・・・ ページ更新しました。
2016/03/22
不妊治療の味方である葉酸 ページ更新しました。
2016/03/15
不妊とは・・・葉酸との関係性 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

健やかママ

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。