葉酸サプリメントのすすめ

葉酸は自然界に存在する栄養素ですので、食事で摂取することが出来ます。しかし、食事で摂取することが一番良いとしてもそう簡単な話ではありません。
まず妊娠中の女性は400μgの葉酸が必要とされています。これほどの葉酸を含有している食品はそう多くはありません。毎日、同じメニューを食べることは飽きが来て現実的でありませんし、何よりお母さんと赤ちゃんの健康に良くありません。さらに葉酸は水溶性のビタミンですので、水に溶けやすく、加熱すると食品から溶け出してしまいます。そのため、非常に調理方法が限られてきます。
そして、その吸収率にも課題があります。葉酸にはポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の二種類があります。厚生省が400μgの摂取を目安としているのは、モノグルタミン酸型葉酸の話です。ポリグルタミン酸型葉酸の場合はモノグルタミン酸型葉酸が約85%であるのに比べて、50%程度に低下します。つまりより多くの葉酸を含む食材を摂取しなければいけないのです。そして食事に含まれる多くの葉酸がポリグルタミン酸型葉酸です。

そこで手軽にモノグルタミン酸型葉酸が摂取出来るのが葉酸サプリメントです。ある葉酸サプリメントは1日3粒で420μgの葉酸が摂取できるように設計されています。この量は葉酸含有量が最も多いと言われているほうれん草の200g分に相当します。しかもほうれん草を同じ量だけ摂取しても、ほうれん草を生で食べる訳にはいかず、茹でると葉酸が流出してしまうため、含有量はそれ以下になります。またほうれん草に含まれる葉酸はポリグルタミン酸型なので、サプリメントに比べその吸収率は下がります。
さらに野菜やお肉などの食品が高い場合、サプリメントの方が手頃な価格である利点もあります。野菜やお肉が高い時期は1日あたり掛かる金額が抑えられるケースもあるでしょう。その場合、お金をかけてもサプリメントより食品の方が安全なのでは?という問題が浮上します。しかしどちらが安全かは簡単には語れません。野菜やお肉は農薬使用の有無など育て方や産地や流通経路、全てを含めて安全が確保されます。もしかしたら、トレーサビリティの出来ない食品より、安全管理された工場化で作られたサプリメントの方がリスクが少ない場合もあるかもしれません。
さらに食品は鮮度の問題があります。鮮度が落ちると酸化によって葉酸の量が減少してしまいます。酸化した食べ物は身体にも良くありません。酸化した食品は老化を進め、ガンや動脈硬化の原因になり、身体にとっては毒です。
その点、サプリメントの利点はきちんとした保管方法であれば、長期間保つことです。

もちろん、必ずしもサプリメントの方が食品より優れているという訳ではありません。しかし摂取が難しい葉酸を手軽に摂れる利点があります。

(関連記事)http://yousanlabo.com/kutikomi

INFORMATION

2016/04/06
妊娠中だけじゃない!出産後も葉酸が必要な理由 ページ更新しました。
2016/03/30
葉酸が先天性異常を抑えるしくみ ページ更新しました。
2016/03/26
健康な卵子を育てる葉酸パワーとは・・・ ページ更新しました。
2016/03/22
不妊治療の味方である葉酸 ページ更新しました。
2016/03/15
不妊とは・・・葉酸との関係性 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

健やかママ

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。