葉酸の種類~天然と合成~

葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2つがあります。天然葉酸はポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれ、合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれています。

一見、合成葉酸より天然葉酸の方が安全で安心な感じに受け取られますが、実は厚生省が推奨しているのは合成葉酸です。
その理由は吸収率にあります。合成葉酸の吸収率は85%です。天然葉酸では50%に下がります。そのため、厚生省が推奨している400μgをサプリメントで摂取するためには、合成葉酸はそのままの成分表示量で考えて良いですが、天然葉酸は実質800μgの葉酸を摂取しなければいけない計算になります。

しかし、気になるのが「合成」という言葉の響きです。吸収率を考慮し、合成葉酸を選択するとして合成葉酸はただちに危険なのでしょうか。
いくら葉酸がお腹の中の赤ちゃんを育てるのに必要な栄養素だからといって、原料が危険なもの、身体に悪いものは極力摂取したくありません。

天然=安全、合成=石油由来というイメージが強い方もいるかもしれませんが、実はどちらが安全で、どちらが危険かというのは天然・合成の言葉だけでは一概に語れません。

例えば、天然素材を使っていますよとうたっていても、遺伝子組み換えをして農薬を多量に使って育てた野菜を使って衛生上問題のある工場で製造していたとしたら果たして安全と言えるでしょうか?しかし、この原料を使用した商品でも天然素材として宣伝・販売して良いのです。
逆に合成素材でも安全性が確認された原材料を使って、国際基準や国内基準を満たした清潔で製造中の間違いが起きるリスクが極めて低い工場で作られた商品はどうでしょうか。
さらにサプリメントは必ず製造に際して、食品添加物などの副材料を使用します。カプセリングや凝固のために必要だからです。食品添加物に関してもまた、添加物=危険の図式は必ずしも成り立ちません。例えば、お豆腐を作る際に使用するにがりは食品添加物の一種です。食品添加物、副材料なども含めて、安全性の高さに重点をおいている製品を見極めることが大切です。

天然だから、合成だからのくくりで、安全性を語るのは間違いです。安全かどうかを知るためには商品そのものを良く知る必要があります。サプリメントを摂取する上で、精神的なストレスがあるのはあまり良いことではありません。大切なのはそのサプリメントと製造している会社との信頼関係を築くことです。そのための下調べは重要です。売りのキーワードだけでなく、商品のコンセプト、出来上がるまでの背景を調べることで大切な自分の身体と赤ちゃんの健康を預けることが出来るでしょう。

(関連記事)http://yousanlabo.com/yousan-erabu/yousan-erabu-check

INFORMATION

2016/04/06
妊娠中だけじゃない!出産後も葉酸が必要な理由 ページ更新しました。
2016/03/30
葉酸が先天性異常を抑えるしくみ ページ更新しました。
2016/03/26
健康な卵子を育てる葉酸パワーとは・・・ ページ更新しました。
2016/03/22
不妊治療の味方である葉酸 ページ更新しました。
2016/03/15
不妊とは・・・葉酸との関係性 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

健やかママ

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。